ご相談お問い合わせ ご相談 お問い合わせ メニュー

BBSec主催ウェビナー

「NISTサイバーセキュリティフレームワーク(CSF)」最新v2.0概要
~なぜNIST CSF2.0が注目されているのか~

今年2月26日に改訂され、今後、情報セキュリティの世界標準としての認知がさらに拡大すると注目される「NIST CSF2.0」の概要を、
コンサルタントがわかりやすく解説します。

 


お客様の幅広いニーズに対応する弊社のセキュリティ監査・コンサルティングサービスの詳細はこちらからご覧ください。

新規CTA

 


開催日時

2024年7月18日(木) 14:00~15:00

概要

「NIST CSF」の最新版2.0は、前バージョンの1.1からは6年ぶりの改訂で、メジャーバージョンアップは10年ぶりとなります。
NIST CSFはもともと重要インフラ運営事業者向けのサイバーセキュリティリスク管理指針として発行されましたが、
実際には重要インフラに限らず、世界各国の幅広い組織で活用されてきた事実上の情報セキュリティの世界標準です。
今回の改訂では実際の利用範囲を反映して、中小企業を含むあらゆる企業での利用が進むように再設計されました。
対象範囲の拡大に伴い、サプライチェーンリスクマネジメントも強調されています。
本ウェビナーでは、サイバーセキュリティフレームワークの概要と、2.0で何が変わったのか、改訂の要旨について、
コンサルタントがわかりやすく解説します。

開催場所・費用

オンライン・無料

本ウェビナーはZoomウェビナーにて開催いたします。

お申し込みいただいた方あてにZoomより開催URLを記載したメールと、開催前のリマインドメールをお送りいたします。

お申し込み

本ページのお申し込みフォームよりお申し込みください。

講師

鮫島 功

情報セキュリティプロフェッショナルサービス本部
情報セキュリティ戦略コンサルティング部 ISコンサルティング2課
ISコンサルティング1課
主任コンサルタント

CISA(公認情報システム監査人)、CISSP、PCI QSA

 

※なお、競合企業にお勤めの方、個人の方のお申し込みはお断りする場合がございます。

お申し込みフォーム

折り返し、ご入力いただいたメールアドレスへウェビナー情報をお送りいたします。