VMware Carbon Black Cloud EndpointTM

はじめてのEDRキャンペーン
【期間限定】
Carbon Black Cloud Endpoint Standardが事前申請/ 承認で大特価!
<期間:2022年1月28日 ”VMware受注分” まで>
mss-edr

キャンペーン内容

事前申請(Advantage+ or キャンペーン案件登録)で承認された案件に対し
Carbon Black Cloud Endpoint Standardが大特価で提供されます。
自社導入も適応可能です。

edr_cp_price_1

*1 製品は日本データセンターが前提になります。 *2 Windows、Mac、Linuxの共通価格となります。

※本価格適用についてはVMwareの承諾が必要となりますので、ご希望に添えない場合がございます。
あらかじめご了承ください。

 

edr_cp_price_2

 

EDR-MSS for VMware Carbon Blackのご提案

組織の端末を24/365体制で監視
インシデント発生時には端末隔離等の初動対応を実施

従来型アンチウイルス製品では検知が困難なファイルレス攻撃。年々その規模を拡大する同種の攻撃への対応には、次世代型エンドポイントセキュリティ製品の導入が必要不可欠です。BBSecのEDR-MSS for VMware Carbon Blackは、世界で1,500万以上の導入実績を誇るCarbon Black社の「VMware Carbon Black」にBBSecの24/365体制の監視とインシデント発生時の初動対応を組み合わせたエンドポイントセキュリティの運用支援サービスです。

従来型アンチウイルス、未知のウイルスへの対応が可能な次世代型アンチウイルス、EDRの機能を有する「VMware Carbon Black」を高レベルで運用できる本サービスは、企業のリスク軽減や経営効率に大きな効果をもたらします。

導入のメリット

juraigata

従来型アンチウイルス製品のリプレイスが可能

従来型アンチウイルスに加え、次世代型アンチウイルス、EDRの機能を有するため、既知・未知を問わず、常に最新のデータベースに基づくエンドポイントセキュリティ監視が可能。

donyu

導入が容易

エンドポイントに対しては、OSの自動配布機能による一斉導入ができるほか、組織メンバーへのメール添付によるインストールも可能。また、オンプレミスに管理サーバが不要なため、情報システム部門としても導入が容易。

vmcb_settei

難易度の高いVMware Carbon Blackの
設定を支援

アラートに対する閾値(しきいち)の設定やブラックリスト・ホワイトリスト登録など、専門知識を必要とする初期設定をBBSecが支援。

jinsoku

迅速な運用支援によるリスクの最小化

BBSecのセキュリティアナリストが、端末隔離などのインシデント発生時の初動を24時間365日体制で実施。短時間での対応は組織のリスク軽減に効果を発揮。

 

okyakusama

お客様の運用負担軽減

VMware Carbon Blackの基本的な運用はBBSecが24時間/365日体制で行うため、お客様の夜間休日対応が不要になるなど、勤務時間の正常化にも効果を発揮。

 

policy

一貫したセキュリティポリシーに効果を発揮

サーバ/ネットワークからエンドポイントまで、一貫したセキュリティポリシー、サービス品質を提供できるため、確実なセキュリティ運用が可能。CSIRTを運営する上でも、大きな効果を発揮。

incident

重大インシデントへの柔軟かつ連携した対応

高い専門性を必要とする重大インシデント発生後のVMware Carbon Blackを用いた追加調査や、デジタルフォレンジックにも柔軟かつ連携した対応が可能。また当社他サービス(セキュリティデバイス運用、マルウエア検知等)を組み合わせてご利用いただくことにより、お客様環境に最適化したサービスをご提供可能。

サービスメニュー

項目 概要

初期セットアップ

・導入前コンサルティング
・サービス要件定義
・クラウド初期設定
・サービス開始前テスト
・セキュリティ管理者向け教育

監視/インシデント対応

・検知イベントの通知
・検知イベントの分析 *1
・端末隔離
・ホワイトリスト/ブラックリスト対応 *2
・お問合わせ対応 *3
・お客様向けウェブポータル

レポーティング

・定期レポート(日本語による統計情報)
・月次報告会 *4

オプション

・セキュリティイベント対応(Firewall連携) *5
・事後対策支援(フォレンジック)対応 *6

 

*1 検知イベントの分析は、検知カテゴリのうち全てのThreatとMonitored スコア4以上が対象となります。
*2 ブラックリスト・ホワイトリスト登録は年12回まで基本プランに含みます。
*3 一般的なお問い合わせは原則として平日09:30~18:00の受付・対応となります。
 追加調査は依頼を起点としたチケット制の平日営業時間中での対応となります。
 クラウドに蓄積された端末の動作情報を元に分析し、侵入経路等を報告します。
*4 月次報告会はオプションで追加が可能です。
*5 Managed Security サービス(Premium)に同時加入頂く必要がございます。Firewallは弊社指定機種のみ対応可能です。
*6 別途スポットでのご利用が可能です。
 
※2段階のサービスメニューを準備しています。サービスメニューにより、一部サービスを提供できない場合があります。
詳しくは、下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お見積り

お問い合わせフォームに下記2点を記載いただき、お問い合わせください。
追って担当よりご連絡差し上げます。
 
①希望期間:1年/3年/5年  ②対象OSと台数内訳

お問い合わせフォーム

ブロードバンドセキュリティとは

2000年創業のセキュリティネットワーク企業、株式会社ブロードバンドセキュリティ(BBsec)は、悪意ある攻撃から組織の情報資産を守り、その情報資産をもとに組織が適正に成長していくことを支援するセキュリティ専門事業者です。
「セキュリティ監査・コンサルティング」「脆弱性診断」「情報漏えいIT対策」の3つのコアサービスから包括的にお客様をサポートいたします。また、セキュリティ認証資格や準拠を目指す企業への支援体制も完備。特にPCIDSSの準拠支援については、国際的に評価の高いセキュリティ資格をもつスタッフが対応し、国内はもちろん今後はアジア全域での展開を目指しています。
サービスプロバイダーとしてニュートラル性を保つため、コンサルスタイルが当社の基本です。エンジニアとスペシャリストの技術進化を怠らず、日々お客様の課題解決を迅速に行えるようあらゆる側面で品質向上を目指しています。

hero-logo@2x

3つの強み

icon-advantage-01@2x

技術者&担当者の
課題解決に寄り添う姿勢

icon-advantage-02@2x

コンサル、診断、運用までの
ワンストップソリューション

icon-advantage-03@2x

進化を続ける
様々なITセキュリティ対策と技術者のスキル

実績

record@2x

※2020年度に当社が実施した、全てのシステム脆弱性診断の実績

保有資格

組織

・情報セキュリティマネジメントシステム
 ISO/IEC 27001:2013=JIS Q 27001:2014
・プライバシーマーク JISQ 15001:2006
・PCI DSS認証監査機関
 QSA(Qualified Security Assessor Company)
・P2PE認証監査機関
 Point-to-Point Encryption Assessor Company
・3Dセキュア認定評価機関
 PCI 3DS Assessor Company
・クレジットカード製造におけるセキュリティ評価機関
 CPSA(Card Production Security Assessor)
•情報セキュリティサービス基準適合サービス登録
 ・情報セキュリティ監査サービス(サービス登録番号:018-0038-10)
 ・脆弱性診断サービス(サービス登録番号:018-0038-20)
 ・デジタルフォレンジック(サービス登録番号:018-0038-30)
 ・マネージドセキュリティサービス(サービス登録番号:018-0038-40)

技術者・コンサルタント

•QSA : Qualified Security Assessor
•AQSA : Associate Qualified Security Assessor
•QSA(P2PE): QSA(Point-to-Point Encryption)
•3DS : 3-D Secure Assessor
•CPSA:PCI Card Production and Provisioning Security
Requirements (PHYSICAL AND LOGICAL)
•CISSP : Certified Information Systems Security Professional
•CISA : Certified Information Systems Auditor
•CISM : Certified Information Security Manager
•CRISC : Certified in Risk and Information Systems Control
•GCFA : GIAC Certified Forensic Analyst
•GCIH : GIAC Certified Incident Handler
•GCFE : GIAC Certified Forensic Examine
•SAP : AWS Certified Solutions Architect Professional
•SAA : AWS Certified Solutions Architect Associate
•CLF : AWS Certified Cloud Practitioner
・SCS:AWS Certified Security-Specialty
他多数

会社概要

事業内容

 

セキュリティ監査・コンサルティングサービス
脆弱性診断サービス
情報漏えいIT対策サービス

資本金

 

292百万円

設立

 

2000年11月30日

従業員数

 

218名(2021年6月末現在)

拠点

 

東京本社(新宿)、大阪支店、名古屋支店、韓国支店、オペレーションセンター(東京都内)

(2021年9月17日現在)